main logomain
DVD copy
CD copyBD copyVIDEO to DVDdata to DVDdata to BDto CD8mmcas to CDslideedit dvdedit BDedit CDkaishasiharaisitsumontorihikichui
top

重要なご注意・まとめ
切れたテープをセロテープで繋がないでください。
もしもセロテープで繋いだテープをダビング依頼される時はその旨を明記してください。
DVD盤面にはシールやラベルを貼らないでください。コピードライブの中ではがれて出てこなくなることがあります。これは家庭用DVDデッキ でも同様です。
DVDのマスターをパソコンで作られる場合は、書き込み速度を最も遅い速度でDVDに書き込んでくださ い。
またエラーチェック機能がある場合は必ずエラーチェックをしてください。
(当社でコピーする際にエラーでコピーできない場合があります)
パソコンでのDVD再生はパソコンがDVD−Rの再生を保証しているかを確認してください。
DVDプレーヤ、DVDデッキは2000年以前(ばら つきがありますが)の製品ではDVD−Rの規格が異なるものがあり、再生に不具合が出る場合があります。
録画された素材の内容の必要性について当社は判断でき ませんので、素材の中に不要部分がある場合は予めお知らせください。
内容がわからない場合は一度ダビングして内容を確認されてから再度新規にご依頼ください。
企業の方でダビングを依頼される場合、プレゼン用など で開始終了を正確に行う必要がある場合は、別途編集作業を依頼ください。
アダルト関係ビデオはダビ ングできません。送られてきた場合そのままご返送いたしますのでご注意ください。



切れたテープについて

切れたテープはセロテープなどで繋がずにそのままダビ ング依頼してください。
もしもセロテープで繋いだ記憶がおありでしたらその旨を申込書に明記してください。
セロテープは繋いだ時は良いのですが、3日もすると粘着剤がはみ出してきます。そのまま再生しようとしてデッキにかけるとデッキに致命的な障害を起こしま す。
@まずヘッドに粘着剤が付きヘッドは交換せざるを得なくなります。
Aまたセロテープの厚さのため巻き取ったあと時間が経つとその凹凸がそのままテープに移り変形してしまいます。テープが変形すると周期的なノイズになって 現れ、修復不能になります。
Bピンチローラ部に粘着剤が付くとテープがその軸に巻きつき回転しながら太くなって行き、最後にガイドピンやローラーを圧迫し曲がったり折れ曲がったり し、メカに致命的な損傷を与えます。
セロテープで繋いだテープはこのようにテープが再生できなくなるだけでなく、ダビング機器に致命的な損害を与え
ます。
2時間を越える場合録 画時間の場合

どうしても1枚のDVDに2時間以上の映像を入れたい場合、長時間モードで録画する方法があります。画質は多少悪くなりますが、4時間以上の録画も可能で す。お問い合わせください。
また画質を落とせない場合は2枚(以上)に分けることになります。ケースが2枚にしたくない場合、2枚を1つのケースに収められるダブルケースもあります のでお申し付けください
再生画面の乱れについ て(元テープはきれいに再生できるのになぜDVDは?)

元テープが劣化していたり傷がついていたりするテープ をDVDあるいはminiDV、CDに録画した場合、ほとんどの
場合に画面に乱れが発生します。ところが同じテープをテープデッキで再生した場合、非常にきれいに乱れ無く再生できることがあります。
  最も多いクレームがこのケースです。ここで問題なのは「なぜ乱れるか?」ではなく「なぜきれいに見えるか?」です。劣化や変形したビデオテープはビデオ デッキで再生した時にその信号を見ると同期信号成分がきちんと出力されていません。DVDやminiDVのようなデジタルビデオの場合、録画の基準になる 「ビデオテープの同期信号」がきちんと再生されないと、デジタル化する基準が無くなってしまうため、録画画像はバラバラと乱れてしまいます。
 し かし、ビデオデッキから直接テレビにつないだ場合はほとんどをアナログ信号として処理するため同期信号が1つくらい抜けていても人間の目には乱れとし て確認できません。(ちなみに垂直同期信号は16ミリ秒、水平同期信号は64マイクロ秒に1回です。デジタル処理ではそのうち1つでも同期信号が抜ける と”同期が来ない”と認識してしまいます。)
ですから、かなり痛んだテープでもテレビ画面上で見ている限りきれいな再生画面として見えてしまいます。
そのような理由で、お客様からは「DVDは乱れるが、元テープはきれいに再生される。もう一度やり直してほしい。」というクレームが来ることになります。 しかし、上記のようなテープに欠陥がある場合には、もう一度やり直しても
きれいに録画できるできることはありません。
どうかそのような状況をご理解いただきますようお願いいたします。

 注:もちろん欠陥の無いテープではこのような再生の乱れはありませんので、ご安心ください。
8mmテープについて

8mmテープに関してのトラブルが非常に多いので予め ご説明いたします。
  8mmテープとはVideo8あるいはHi8というタイプのテープです。
  トラブルの代表的なものは次のようなものです。
  
  1.
癒着: テープがお互いに貼りついてしまっているもの。
  2.
切断: 癒着によるものが多い。
  3.
変形: ワカメ状になっている。磁性体が剥離している。
  4.
:  走行機構の不具合でテープに連続して傷がついている。
  5.
変質: テープがやわらかくなっていてガイドローラーやヘッドに巻き付く。
  6.
開始画像: ほとんどの8mmテープはテープ開始時の画像が乱れます。 

上記のような状態のテープは再生ができなかったり乱れたり、音声が出なかったりする可能性が高いです。
癒着や切断につきましてはこちらで修理してダビングいたします。ただ、修復したテープにも変質や変形があった場合やはり映像が乱れたり音声が途切れたり全 く出なかったりすることもあります。
このような状況が発生する可能性がありますので、予めご了承ください。

また、癒着しているテープは予め感知することができませんので、再生時あるいは早送り・巻き戻し時に癒着部分でテープが切れてしまう場合があります。つま りお預かりしたテープを破損してしまうことがありますので、ご了承ください。
なお、テープの変形、変質はテープケースのふたを開けてテープ表面を見ると確認することができます。
再生装置について

DVDを再生する装置としては一般DVDプレーヤー、 DVDレコーダー、パソコン、などがありますが、いずれの装置でも「DVD−Rが再生可能」であることを確認してください。DVD−Rが再 生可能と明記されていない場合再生できない場合がありますのでご注意ください。
パソコン再生について

パソコンでの再生は全ての機種で再生できるとは限りま せん。予めご了承ください。
現在のところDVDレコーダ・プレーヤーでの再生問題は発生していません。(2000年以降の製造のもの)パソコンでの再生に関しては特にSONY社製 VAIOの一部機種で再生できないという問題が数件発生しております。
その場合に録画デッキを変更して再生できる場合もありますが、たいていの場合は再生できません。
またメディアを変更しても状況は変わりません。
また全てのVAIOが再生できないという意味ではありません。取説の再生可能DVDの項を確認してください。
再生するデッキがパソコンのみの場合、MPEG1による互換性の高い録画方法もありますので十分御検討ください。またパソコンのカタログ・仕様書などで「
DVD−R再生可」であることを確認ください。
DVD再生と単に書かかれている場合、DVD−Rが再生できない場合もありますのでご注意ください。
その場合でも再生できない場合がありますので、パソコンでの再生については予め再生できないことがあることをご了承ください。当社のDVD仕様は下記 PS2の項を参照してください。



その他のご注意

MPEG変換のノイズについて 
MPEG画像をパソコンで再生する場合、表示ソフトでは表示範囲の全ての走査線を表示します。そのため垂直同期信号あるいは等価パルス部分が画面の最下部 に見えてしまう場合があります。
このノイズは異常ではありません。
普通はビデオのテレビ画面表示では表示されない部分なので問題になりません。

保管と録画内容について
再生画面についてはモニターしていますが、その内容については関知しません。
プライバシー性の高い画像であってもそのまま録画されます。
また

お預かりしておりますビデオの内容が外部に漏れることは絶対に ありません

お客様にご返送しましたテープとDVD以外にコピーは存在しません。ハードディスク内容は消去されますので、
再度ダビングを依頼される場合はもう一度テープを送っていただくことになります。

お預かりしたテープの管理について
お預かりしていますテープはご依頼ごと にボックスに入れて管理しております。
他のお客様のテープと混同することはありません。
その際にこちらからご案内しました「お申し込み内容」のメモをテープと一緒に送っていただくと
管理しやすくなりますので、是非メモを同梱していただくようにお願いいたします。

テープの空白領域について
例えば120分テープの最初の部分に録画されていて、その次に空白があり、時間をおいてその後に再び録画されているような場合、あらかじめお知らせくださ い。
お知らせ無い場合、最初の録画部分が終了してから15分以上を経過した場合そこで終了とみなします。

カビについて
テープにカビが生えている場合、その程度によりますが再生できない場合があります。
ただし、ケース外から見て白くなっていてもテープ自体は問題無いこともあります。
お問い合わせください。

事故について 
ダビング中のお客様のテープの取り扱いには十分注意いたします。
万が一当社でダビング中に発生しました事故によりテープの一部を傷めた場合、録画したDVDと、
そのテープ単価相当額のテープを代替品として保証させていただきますが、それ以上の保証は行なえ
ませんのであらかじめ御了承ください。 

画質改善について
非常に古いビデオテープの場合再生できない場合があります。また再生できても画面が乱れていること
があります。DVD変換の際には基本的には画質は改善されません。
ただしTBC(タイムベースコレクション)機能により再生の乱れは改善させる可能性があります。
しかしそれは必ずしも全てのテープについて改善されるものではありませんのであらかじめ御了承ください。
保険について
輸送中の事故に関しましては配送会社に帰属します。当社からご返送します際に保険扱いの手続
きをしておりますのでもしも事故があった場合にはご連絡ください。

発送・到着の確認について
お客様からのテープの到着時にはEメールで確認のお知らせを送らせていただきます。
また発送時は特にご指定の無い場合、ダビングを完了した時点で発送させていただいております。
もしもお留守にされることが多い方は予めお知らせください。

   
  
toiawase